広島カープ観戦と市民球場の思い出

広島カープ観戦

お盆も終わって、
なんとなくざわざわした雰囲気が落ち着いてきましたね。
私もお盆前に仕事を兼ねて、ちょっと帰省してきました。

私の実家は広島なんですが、ちょうど原爆記念日の日だったので、
街中はスーツケースや、大きなバックを持った人で溢れかえっていました。
電車もそうですが、きっとホテルも満杯だったのかなーと思います。

そして、この日は広島カープの試合もあったため、
何かお祭りのような騒ぎでした。
というのも広島駅から程近いところに広島市民球場が移転され、
多くの人がJR広島駅に近い球場目指して歩くからです。

ご存知の通り、カープのユニホームは赤が中心です。
普通ホームの場合は薄い色を使いますよね。
ですがカープの場合は、ホームでもビジター用の
ユニホームを身につけたカープファンが多く詰めかけます。

このため、マツダズームズームスタジアムは真っ赤になり、
相手チームを応援の面からも圧倒するのです。
いやーこれはとっても気持ち良いものです。

その場にいると一体感はハンパないです。
カープ女子ならぬカープおばさんですが、
本当に女性が多くなったと感じますね。

私が小さい頃は、広島バスセンター横の旧市民球場でしたが、
球場自体も古く、観客も少なかったので、
何時行ってもガラガラという始末でした。

私の記憶が正しければ、7回が終了した時点で、
外野席だったら無料で入れたような気がします。

そんなのどかな時代を経て、
今の新しい球場に初めて行った時、
とんでもなく感動しまくりました。

よく言われることですが、
アメリカの球場とコンセプトが似ていて、
家族3世代で楽しめる球場だということです。

確かにいろんなタイプの観戦席があり、
寝そべってゆったりと見られる寝そベリアや、
バーベキューしながら観戦できるバーベキューテラスなど、
家族で楽しめるようなコンセプトになっているなと感じました。

変わってないのはカープ愛です。
その昔、資金難でカープ存続が危ぶまれた頃、
市民が一丸となって樽募金をして支えたのです。

今もそうなのかもしれませんが、
ファンや市民が支えているんだ!という自負があるので、
他球団がうらやましがるほどの熱烈なファンが多いんです。

まぁ広島県民の熱しやすく冷めやすいという気質もあり、
弱っちくなれば、サっと引くという一面もありますが、
それも過去の話になりつつあるのではないでしょうか。

今も親会社を持たないという唯一のプロ野球のチームですよね。
ですから、このようにたくさんの女性、子供、
おじいちゃん、おばあちゃんまでが球場に詰めかけるのです。

ほんとにビックリしますよ。
おじいちゃんはまだわかりますが、
杖をついたおばあちゃんがたくさんいますからね。

前より傾斜は緩やかですが、内野自由席は急ですし、
足腰が弱ったお年寄りにはキツイはずです。
でも来てるんですよ!赤い帽子かぶって!

もう、それだけでも感動します。

そして、もうひとつ変わってないものはカープうどんです。
昔、今は亡き父親に連れられてカープを観に来た時、
必ずといっていいほど買ってくれたカープうどん。

まあ、安かったからでしょうけど(笑)、美味しいんですよね。
そして新しくなった球場でも変わらずカープうどんがあります。

その他にも、たくさんのファストフードやデザートまであり、
本格的な料理が食べられるのも楽しみのひとつになっています。
ただ、ひとつ改善して欲しいのはビールの値段です。

めっちゃ高いんですよ。700円しますから。
チケットも完売してるし、
そろそろ値下げしてもいいのではないでしょうか。

ビン、缶、ペットボトルの持ち込みは禁止なので、
持ち込むことすらできないのだから、せめて500円でしょ。
そう思いません?私だけかな…???

あ、万が一、瓶や缶を購入していた場合は、
入り口で紙コップに入れ替えることはできます。^^
でも紙コップなので、最初の一杯か2杯ですよね。

せめて缶ビールぐらい許して欲しいものですが、
投げ込む人がいるので仕方ありませんね。

他にも変わったことといえば女子トイレ。
圧倒的に綺麗になりました。

ただ女性ファンが多いので、
いつもチェンジのたびに行列になっています。
トイレの数も増えているので回転は速いです。

また来月応援に行く予定なので、
真っ赤なユニホームをきていこうと思います。
次回は内野自由席!席取り合戦だ!
またリポートします♪

ページ上部へ戻る 携帯用アフィリエイト